トップページ病院の紹介 > 病院設備

病院の紹介

当院のご案内ページです。院長からのあいさつ、当院の基本理念、病院概要・沿革、病院設備をご覧頂けます。

病院設備
MRI「全身用磁気共鳴断層撮影装置」
2台(平成15年10月設置)

MRIとはMagnetic Resonance Imagingの略で核磁気共鳴画像といい、磁石と電波を利用して断層像を撮る装置です。 装置の外観はCTと似ていますがCTとの大きな違いは、X線を使わない検査なので放射線による被曝はありません。








超高速撮影CT装置 1台(平成25年11月設置)

超高速撮影CT装置は、低被ばく線量での撮影が可能になります。また、超高速撮影により患者さんの息止め負担が大幅に軽減されます。0.5mmスライスの超精密画像の作成ができるため、診断精度の向上が期待されます。









全身用マルチスライスCT装置 1台(平成19年10月設置)

マルチスライスヘリカルCTは、同時に多断面(スライス)を撮影できることから、撮影時間がさらに大幅に短縮され、また、これまでのCTよりさらに精密な情報が得られ、頭部・胸部・腹部の全ての臓器疾患の検査に有効です。更に、コンピュータ3次元(3D)処理により立体的画像を得られることから、微細な血管や病変構造の観察が詳細に行えます。

なお、超高速撮影により1回の息止めで検査が終了し、放射線被曝も大幅に減少でき、精密検査時の苦痛や造影剤の量も減少できます。





X線骨密度測定装置 1台(平成25年8月設置)

極めて少ないX線を利用しているので女性の方にも安心です。着衣のまま仰向けにベットに横になるだけで、痛みもなく簡単に測定でき、とてもスピーディーに検査できます。検査データは保存されますので、定期的な検査で、的確な診断が行えます。









リニアック「放射線治療装置」 1台(平成28年11月設置)

リニアックは医療用直線加速装置(Linear accelerator)の略称です。高周波装置を用いて、電子を高速に加速して金属ターゲットにあてることによりX線を発生させます。









アンギオ「X線血管撮影装置」 1台(平成27年10月設置)

血管の形態や動態を観察するために、足の付け根、肘、手首などからカテーテルを挿入し、造影剤を注入して血管を撮影します。
当院では主に心臓血管、腹部血管の撮影を行っています。









病院設備
売店 新病棟1F院内マップ
入院生活に必要なものを準備しています。
○営業時間
平 日 8:00~20:00
土曜日 9:00~16:00
日曜日 9:00~16:00
祝祭日 9:00~16:00
休業日 年末年始の指定日
レストラン「けやき」-喫茶&お食事-院内マップ
レストラン「けやき」ー喫茶&お食事

○営業時間
平 日 8:30~17:00
土曜・祝祭日 10:30~16:00
休業日 日曜・
年末年始(12月29日ー1月3日)
理容室院内マップ
○営業時間
平 日 9:00~17:00
土曜日 9:00~15:00
出張 9:00~15:00
休業日 日曜日・祝祭日・年末年始

※歩行できない場合は出張いたします。
※エステ、フェイシャルマッサージも致します。
※一般外来、車椅子の方もご利用いただけます。
キャッシュコーナー院内マップ
現金自動支払機 (仙台銀行)

○お取り扱い時間
平 日 9:00~19:00
土曜・日曜
祝祭日
9:00~19:00




電話コーナー院内マップ
公衆電話は各病棟と
1階正面玄関ホールに設置しています。









郵便ポスト院内マップ
平成19年8月 台原郵便局院内開設












上に戻る

独立法人労働者健康福祉機構 東北労災病院 仙台市青葉区台原4丁目3-21 TEL:022-275-1111

Copyright(C) TOHOKU ROSAI HOSPITAL 2004.All Rights Reserved.