トップページ患者さん外来患者さんへのご案内 > 診療の案内・呼吸器科

患者さん

消化器内科 [胃腸科肝臓科糖尿病・代謝内科腫瘍内科] | 緩和ケア内科 | 循環器内科 | 高血圧内科 |
呼吸器内科 | 呼吸器外科リウマチ膠原病科心療内科小児科外科整形外科脳卒中科皮膚科
泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線診断科・放射線治療科麻酔科
歯科健康診断部病理診断科

コンテンツ  主治医制をとりながらも診断や治療方針は呼吸器内科医師全員で検討しながら行っております。COPD教育入院やがん化学療法入院では、医師、看護師、薬剤師、理学療法士がミーティングを重ねながら常に連携をとりあって診療に当たっております。

診療内容 呼吸器疾患全般(肺、気管、胸膜等に生ずる疾患)の診療を行っております。

  近年増加傾向にある肺がんは、気管支鏡検査やCT下肺生検により診断した後、呼吸器外科や放射線科との連携のもと手術による切除、あるいは放射線療法や抗がん剤による化学療法を組み合わせた集学的治療を行っています。また、患者さまの状態に応じ可能なかぎり外来での化学療法を実施しております。

 気管支喘息は、炎症性疾患であることを理解していただいたうえで吸入ステロイドの使用やピークフロー日誌による自己管理を促しております。年に1回は喘息教室を開催し、病気の成り立ちから日常生活での注意事項にいたるまで幅広い情報提供を行っております。また慢性的な難治性の咳に対しては気道過敏性検査を施行し正確な診断のうえ治療を行っております。

  慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対しては、特に重症の方では、入院していただいたうえで薬物療法から呼吸リハビリ、栄養管理にいたるまで深く理解していただくよう包括的リハビリテーションを行っております。また年1回のCOPD教室にて知識の啓蒙に努めております。さらに周辺医療施設(診療所など)との病診連携のもとCOPDの早期発見に努めております。

  肺炎、肺化膿症、胸膜炎などの呼吸器感染症に対してはガイドラインに準拠した適切な治療を行っております。重症肺炎では、人工呼吸管理のもと集中治療を要することもあります。

  重度の呼吸不全の方には、在宅酸素療法や非侵襲的陽圧呼吸(NIPPV)を積極的に導入して生活の質の向上を目指しております。

  胸水貯留症例には積極的に局所麻酔下胸腔鏡検査を行い胸膜疾患の正確な診断をつけるよう努力しております。特にアスベスト暴露における胸膜中皮腫の診断には胸腔鏡検査による生検が有用です。
その他、間質性肺炎、びまん性肺疾患、気胸など幅広く診療しております。

気管支鏡 100~150件/年
気道過敏性検査 150件/年
肺がん手術 20~30件/年

疾患別入院患者数(年間)
肺がん 230名
肺炎 205名
気管支喘息 82名
慢性閉塞性肺疾患 50名
間質性肺炎 50名
気胸 40名
膿胸 7名
気管支拡張症 6名
肺血栓塞栓症 5名
非結核性抗酸菌症 4名
びまん性汎細気管支炎 3名
サルコイドーシス 3名
結核性胸膜炎 2名
縦隔腫瘍 2名
胸膜中皮腫 1名



気管支鏡検査、局所麻酔下胸腔鏡検査、気道過敏性検査、精密肺機能検査

コンテンツ 外来診療担当医予定表
呼吸器内科 医師紹介
三浦 元彦 (昭和57年卒)  [呼吸器内科部長]
◇専門分野
呼吸器疾患全般
(慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息の診断治療、肺がんの診断、内科的治療、呼吸器感染症、間質性肺疾患、びまん性疾患、肺血栓塞栓症)の診断、治療

◇所属学会、学位・認定等
日本胸部疾患学会指導医、日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医・認定医、日本内科学会認定内科医、日本内科学会指導医

◇患者さまへのメッセージ
毎日の診療に追われ、時間のない生活を送っていますが、病院内の様々なスタッフと協力しながら、 患者さまに少しでもより良い医療を提供できる様頑張っておりますのでよろしくお願いします。
榊原 智博 (平成10年卒)  [呼吸器内科副部長]
◇専門分野
呼吸器内科

◇所属学会、学位・認定等
日本内科学会総合内科専門医、日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医

◇患者さまへのメッセージ
肺癌を中心に呼吸器疾患全般を診療しています。
田代 祐介 (平成16年卒)  [呼吸器内科副部長]
◇専門分野
呼吸器一般

◇所属学会、学位・認定等
日本内科学会認定医、日本呼吸器学会
中村 優  (平成20年卒)  [呼吸器内科医師]
大塚 竜也 (平成21年卒)  [呼吸器内科医師]
谷津 年保 (平成23年卒)  [呼吸器内科医師]
◇専門分野
呼吸器内科

◇所属学会、学位・認定等
日本内科学会認定内科医、日本呼吸器学会、日本肺癌学会、日本呼吸器内視鏡学会
伊藤 あゆみ(平成24年卒)  [呼吸器内科医師]
◇所属学会、学位・認定等
日本内科学会認定医、日本呼吸器学会
専門分野
仙台COPDの会
呼吸器外科 [外科]

コンテンツ  東北大学病院呼吸器外科と連携し、肺癌を中心にそのほか縦隔腫瘍、転移性肺腫瘍、自然気胸、急性膿胸などに対する診断,専門的治療を積極的に行っております。特に肺癌は日本人の癌による死亡の第一位になり、やっかいな病気ではありますが、早期発見・早期治療で完治する場合も多いのです。当科では呼吸器内科医、看護師、理学療法士と協力しながら患者様にとってよりよい医療をめざしております。
診療内容  呼吸器疾患全般(肺癌、縦隔腫瘍、転移性肺腫瘍、自然気胸、急性膿胸など)の診療を行っております。

【肺癌】
 胸部レントゲン、CTなどで肺に異常陰影を認めた場合には、まず気管支鏡検査、全身PETなどの診断のための検査、脳MRI、腹部エコーの全身検査、肺機能、心機能などの機能検査を行います。肺癌と診断された場合にはその進行度によって手術、化学療法、放射線療法を選択します。肺癌と診断されない場合でも肺癌が疑わしい場合には、開胸肺生検をします。(実際に手術で病巣を切除、手術中に病理迅速診断を行い、その結果、肺癌だった場合には標準的には肺葉切除を行います。手術で診断と治療の両方を同時に施行します。)

 肺癌の発生には喫煙が関係していると考えられています。重喫煙者では低肺機能を伴う方が多くいらっしゃいます。肺癌を完治させるためにはある程度の肺の切除を余儀なくされますが、肺は切除すればするほど機能を失います。どの程度まで肺を切除可能かどうかも様々な検査を組み合わせ決定いたします。

 また、理学療法士と協力し、術前、術後の呼吸リハビリを積極的に行っております。そのことは、術後の合併症発生率を減少させ、術後の呼吸機能早期回復につながります。

 肺癌に心当たりがある方、重喫煙者の方などは咳とか息切れといった症状がなくても胸部レントゲン検査を受けられることをお勧めします。 また検診にて異常陰影を指摘された方も当院への受診をお勧めします。

【気胸】
 長身でやせ形の若い方が急に胸が苦しい,息が苦しいといった症状がある場合には肺がパンクして胸腔内に空気が漏れ肺が縮む気胸が疑われます。気胸と診断された場合は、漏れた空気を体の外に出し肺を膨らませる治療が必要です。また場合によっては手術をしなければいけない場合もあります。当院では患者さんの身体に負担をかけない低侵襲な内視鏡手術を行っております。術後数日間の短い入院期間で安全に治療できます。

【縦隔腫瘍、転移性肺腫瘍、急性膿胸など】
 その他、肺以外の胸部の異常陰影を指摘された方、他の腫瘍から肺への転移で悩まれている方など呼吸器の病気に関してどんな相談でも受け付けています。お一人で悩まずに、まずはご連絡、ご相談ください。


コンテンツ 外来診療担当医予定表

呼吸器外科 医師紹介
保坂 智子 (平成5年卒)  [呼吸器外科部長]
◇専門分野
呼吸器疾患全般 肺癌、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、転移性腫瘍、自然気胸、急性膿胸の診断、治療

◇所属学会、学位・認定等
日本外科学会専門医、日本呼吸器外科学会専門医、日本胸部外科学会、
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医、日本肺癌学会、麻酔科標榜医

◇患者さまへのメッセージ
患者さまと一緒に病気について考えていきたいと思います。こんなこと聞いていいのかなと思うことでもかまいません。いつでもお気軽にご相談ください。

専門医・認定医一覧はこちら 外来休診予定表
上に戻る