宮城県仙台市の総合病院 独立行政法人労働者健康安全機構 東北ろうさい病院(とうほくろうさいびょういん)

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 病院紹介 > お知らせ

お知らせ

ろうさい医イはなし 1・2月のおしらせ

当院の職員が病気について、治療についてなど知っておくとちょっといい話を皆様に
分かりやすくお話しします。
第2・第4水曜日の午後1時半から1時間程度、1階ステンドグラス前で開催いたします。

ご案内はこちらをご覧ください。 
 

1月10日 コードブルーってなんだろう     救急外科部長 赤田 昌紀

     ー最近の救急医療システムのおはなしー
救急医療は「医」の原点ですべての人間が必要とする可能性がある根源的な医療です。正しい救急受診のありかた、家庭で出来る応急手当ついて説明します。また宮城県の救急医療の仕組みや、救急医療における諸問題についても解説します。
 

1月24日 胆石について     副院長 徳村 弘実

胆石症は、コレステロールかビリルビンという物質でできた、3mmから4cmぐらいまでの石のような塊を、胆嚢に持った状態を言います。症状は約半分の方が痛みを発症します。痛みなど症状があれば基本的に治療が必要です。胆石症のでき方、症状、治療などをかみくだいて説明します。
 

2月14日 胃がん 診断~手術・3D腹腔鏡下の手術     胃外科副部長 安本 明浩

  胃がんの診断から手術治療までご説明します。胃がんの手術は最近10年で大きく変化してきました。当院の特徴である、3D腹腔鏡を使用した腹腔鏡下胃がん手術について実際の手術映像をご覧いただく予定です。
 

2月28日 肺がんとその治療 抗癌剤編     呼吸器内科副部長 榊原 智博

 当院呼吸器内科では肺癌の患者さんに対して診断、治療(主に抗癌剤)、緩和ケアなどを行っております。近年は新規抗癌剤が数多く承認され、治療も複雑になっていますが、生存期間も確実に延長しており、患者さんが抗癌剤治療を受けるメリットが多くなっています。当日は抗癌剤治療を中心にお話しします。

お知らせ一覧に戻る

ページのトップに戻る