宮城県仙台市の総合病院 独立行政法人労働者健康安全機構 東北ろうさい病院(とうほくろうさいびょういん)

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 地域医療連携 > レスパイト入院のご案内

レスパイト入院のご案内

レスパイト(Respite)入院とは

レスパイト(Respite)とは ”一時休止” ”休息”という意味です。

介護者の日々の疲れ、冠婚葬祭や旅行などの事情により、一時的に在宅介護が困難となる場合に期間を設けた入院の受け入れを行い、介護者の負担軽減(息抜き)を目指す仕組みです。

当院の地域包括ケア病棟では、在宅で常時の医療管理および介護が必要な方を対象としたレスパイトに対応しております。対象となる方は、医療管理が必要で、介護保険によるショートステイの利用が困難な方です。

ご利用できる方

いわゆるショートステイとは異なり、病状は安定しているものの、在宅で医療機器等を使用している方、何らかの医療的処置を要する方など、常時の介助を必要とする方となります。

こんなときにご利用ください

こんなときにご利用ください

ご利用申込について

かかりつけ医、ケアプラン事業所(ケアマネージャー)、訪問看護ステーションを通じて入院申込をお願いいたします。

回復期リハビリテーション病棟との違い

回復期リハビリテーション病棟は、脳卒中などの脳血管疾患、大腿骨などの骨折、胸部や腹部手術などの急性期治療後に症状が安定した患者様を対象にリハビリテーションを行います。

地域包括ケア病棟は、疾患に関係なく入院できる病棟で、病状に応じて包括的なリハビリテーションを行います。早期在宅復帰を目指す目的は同じです。

レスパイト入院 ご利用手順

01

ご家族様などから、レスパイト入院のご希望がありましたら、まずはお電話で地域医療連携室までお問合せください。

02

入院申込書に必要事項をご記入いただき、地域医療連携室までFAXしてください。

入院申込書のダウンロードはこちら

03

かかりつけ医が当院以外の場合は、別途かかりつけ医からの診療情報提供書をご用意ください。

04

院内での判定会議の結果にもとづき、お申込者様へ当院よりご連絡いたします。
入院可能場合は、入院期間についてご相談させていただきます。

05

入院当日は、医事課⑥ 入院受付窓口にてお手続き後のご入院となります。

ページのトップに戻る